iron kettle-S-VK (南部鉄瓶 S VK)  iwatemo(イワテモ)

iwatemo

iron kettle-S-VK (南部鉄瓶 S VK)  iwatemo(イワテモ)の商品写真 iron kettle-S-VK (南部鉄瓶 S VK)  iwatemo(イワテモ)の商品写真2 iron kettle-S-VK (南部鉄瓶 S VK)  iwatemo(イワテモ)の商品写真3 iron kettle-S-VK (南部鉄瓶 S VK)  iwatemo(イワテモ)の商品写真4
▲クリックすると拡大します。
 Ville Kokkonenのデザインによる鉄器のケトルは、モダンでありながら伝統を感じさせるフォルムです。製造には南部鉄器の産地・岩手の伝統技術が活かされています
先に発表になった鉄瓶の小型の鉄瓶です。表面は「砂肌」で仕上げられていて、ますぐな立ち上がりと、真上から見た時の円の重なりが素敵です。
表面塗装はカシュー塗装をし高音で焼き付ける焼き付け塗装が施されています。使い込むうちに光沢が増し、風合いの変化がみられます。

また、このケトルで沸かすと、湯の味がまろやかになります。

商品情報

商品名
iron kettle-S-VK (南部鉄瓶 S VK)  iwatemo(イワテモ)
商品番号 na002-0185
数量 650ml/1個
原材料
配送方法 普通
27,280円(税込)
数量:
配送料金表はこちらご利用案内

iwatemo

 岩手の確かな職人技と、世界のデザインを牽引するフィンランドの感性。そのコラボレーションから、新しい暮らしのブランド「iwatemo」が誕生しました。プロデュースしたのは岩手の新たな工芸品開発しその魅力を海外に発信している株式会社モノラボン2016年に、世界的に活躍するフィンランドのデザイナーVille KokkonenHarri Koskinenとともに地域の伝統的なものづくりの可能性をリサーチするプロジェクトをスタート。彼らは、岩手の歴史と文化豊かな自然からインスピレーションを得て、職人たちと鉄器のケトル木工の椅子、磁器テーブルウェアを開発しました

岩手のものづくりをフィンランドデザイン視点からアプローチした、iwatemo。時代を超えた不変的な美しさと機能性兼ね備えた、岩手の「新しい工芸」です。

 

[商品]
商品ごとにVille KokkonenHarri Koskinenによる2ラインのデザインがあります。

鉄器のケトル(三協金属・一関市)
木工の椅子(岩泉純木家具・岩泉町) 

磁器のテーブルウェア(陶來・滝沢市)